スポンサーサイト

タグ:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ALL-2ch
1001: 以下、名無しにかわりましてゆる速がお送りします 2014/07/24(木) 21:43:32.94 ID:yuruyuri0

櫻子「私たちの日常を」撫子「短編集でお届けします」

大室家短編集

1: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 00:24:43.35 ID:P1/+EThu0
※大室家を中心とした短編集の詰め合わせです

※ギャグ多め、エロもあります。それでも良いよという方はどうぞ。



ゆるゆりSSデータベース
2: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 00:25:41.49 ID:P1/+EThu0
【お嬢様ことば】


「さーちゃん!」

「んー?」

「わたくし、ひまわりともうしますわ♪」

「えっ、どしたの?」


「わたくしきょうから、こういう“ことばづかい”でいこうとおもいますの!」

「へーー! かわいいよ!」

「かわいい……ほんと?///」

「うん! かわいい!」

「さーちゃん……ありがと!」



3: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 00:26:46.90 ID:P1/+EThu0



「そういやなんで向日葵ってそんな変な言葉遣いなの」

「ええっ!?変!?///」


「変じゃないけどさ、ちゃんとしすぎてて変だよ」

「やっぱり変なんじゃない! あなたに言われたから続けてるんですのよ!?」

「うそつけー!そんなこと言ってないよ!」

「言いましたわ!」

「言ってなーい!」



4: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 00:29:20.54 ID:P1/+EThu0



「ごめん思い出した……やっぱり言ってたね」

「いえその……正確には、櫻子は“可愛い”って言ってくれただけでしたわ……」


「…………」

「…………」


「……続けてね、これからも」

「えっ?」


「もうその言葉遣いじゃないと、向日葵って感じしないんだもん」

「櫻子……///」



5: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 00:31:05.87 ID:P1/+EThu0
「……だめ。それじゃやめちゃうかもしれませんわ」

「えっ、なんで!?もしかして今までずっとやめたかったの……!?」

「そうではなくて、その……」

「?」


「もう一度、かっ、可愛いって言ってくれないと……その……///」

「なっ……!」




「か、かわいい、よ……///」

「!!」ぱあっ



「かわいいから!……だから、やめないでね」ぎゅっ


「…………うふふ」

「なっ、なんで笑うの?」


「いえいえ……ふふ、櫻子も可愛いですわ」

「えっ? 私何も変わってないけど!?」


「可愛いから、あなたもこのままでいてちょうだいねってこと!///」

「あっそ!じゃあ一生これでいくよ!」



6: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 00:34:48.31 ID:P1/+EThu0
【大室流レズセ術・えっちが上手すぎる櫻子ちゃん】


向日葵「こっ、これが大室流の力……っ!///」どたっ

花子「ふっ、ひま姉もわかったら出直すし。花子程度にやられるようじゃ……まだまだ上には上がいるし」


向日葵「一番上は……撫子さんですか?」

花子「……いや、撫子お姉ちゃんよりも強い存在が、ひとり」

向日葵「まっ、まさか!!!」



撫子「やめときなひま子。櫻子は……私でも手におえない。あれには大室に伝わる力に加えて、天賦の才ってやつまで身についちまってるんだ」

向日葵「そ、そんな……ずっと一緒にいたけど気づきませんでしたわ」

撫子「櫻子は危険すぎる。あいつのレズセは……もはや人間の成せる域を超えている」


撫子「神様は櫻子のステ振りを間違えたんだ。賢さや胸に振ってくれてもよかったのに……神様は、レズセのテクに全振りときやがった!!」

向日葵「全……振り……!?」がーん



7: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 00:36:14.98 ID:P1/+EThu0
【えっちが上手すぎて向日葵ちゃんを抱くのが怖い櫻子ちゃん】


向日葵「どうして!?私のことが好きなんじゃなかったんですの!?」

櫻子「……好きさ。でも、だからこそ」


向日葵「もう知りません!私今夜は花子ちゃんの所で寝ますから!」ばたん

櫻子「あっ、向日葵……!」



櫻子「くっ……こんな才能、いらなかった……!」


櫻子「普通の女の子でよかったのに……!」



8: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 00:39:03.80 ID:P1/+EThu0
【えっちが上手すぎる櫻子ちゃん・力の片鱗】


向日葵「覚えて……ないんです」

向日葵「櫻子と一緒にベッドに入るまでは、覚えてるのに……!」


撫子「……櫻子の技は凄まじい。最中の記憶なんて吹っ飛ばしてしまうほどにね」

向日葵「そんな……」

撫子「あの子も楽しみたいだろうに……相手に触れたと思ったら、もう相手は気絶してるのさ」


撫子「だめなんだ……私でさえ、櫻子に触れられるのも怖い……!」

向日葵「撫子さんが!?」

撫子「本当に恐ろしいよ……櫻子の触れたとこから全て、身体が性感帯になっていくようなあの感覚……!」

向日葵「そ、そんなことが……ありえませんわ!」

撫子「できるんだよ櫻子は!!」ドン


撫子「それでもね……そんなのは櫻子の力の、ほんの片鱗にすぎない。あの子は……まだ本当の実力の50%も出したことはないはずだ」

向日葵「な、なんですって!? じゃあ、もしあの子が全力で女の子を責めたら……!!」

撫子「っ……」


撫子「……命の保証は、無いよ」

向日葵「!!!!」


(※このお話はフィクションです)



9: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 00:41:24.50 ID:P1/+EThu0
【大室家口内射乳祭(櫻子総受け)】


向日葵「花子ちゃんは最近何か楽しいこととかありました?」

花子「最近はウイダーみたいな容器に少し温めた牛乳を入れて、櫻子の後ろから飛びついて口に突っ込んで『櫻子っ……全部飲んでっ♡♡』って言いながら思いっきりぶちまけるのにハマってるし」

向日葵「それ私もやりたいですわ」



向日葵「櫻子っ……全部飲んでぇっ……!///」びゅーっ

櫻子「んぶっ……!! ん、んぇ……///」

向日葵「はぁ……はぁ……美味しい?」

櫻子「げほっけほ、まずいわバカ!!!」


向日葵「ああ、まずいって言われる方が興奮しますわ」

花子「わかるし」

櫻子「この遊びもうやめろ!!」



櫻子「ねーちゃん助けて!向日葵と花子が私に牛乳無理やり飲ませてく……って、え、なにやってんの」

撫子「牛乳を人肌にあっためてる」

櫻子「お前もかよ!!」


撫子「だって楽しそうなんだもん。花子やひま子にやってもいいけどなんか可哀想だし、櫻子なら受け止めてくれるでしょ」

櫻子「嫌だー!!!」



10: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 00:43:41.16 ID:P1/+EThu0
【まちがい】


向日葵「お菓子買って来ましたわよ」

櫻子「わーい♪」がさがさ


櫻子「あれ? このプリッツ誰?」

向日葵「撫子さんですわ」

櫻子「えっ? ねーちゃん頼んだのプッキーだよ!?」

向日葵「プッキー?」


櫻子「あーあー向日葵怒られる! やばいぞー……!」

向日葵「え、怒られるんですの!?」どきっ



11: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 00:47:02.32 ID:P1/+EThu0



撫子「いいよいいよ、たまにはプリッツ食べたいし、これで」

櫻子「ねーちゃん!! この前私が間違えて買ってきたときは15分間くすぐりの刑だったじゃんか! なんで向日葵にはやらないの!」

撫子「だってひま子は一応お客さんなんだから」

櫻子「ぬうう……ずるい!」

向日葵「うるさいですわね全く……」



12: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 00:50:42.14 ID:P1/+EThu0
櫻子「向日葵はちょっとした間違い多いよね!」

向日葵「急になんですの?」


櫻子「この前もそうだよ! 私が風邪ひいたとき! 覚えてる?」

向日葵「あー覚えてますわよ」

櫻子「あのとき向日葵来てくれたじゃんか。櫻子大丈夫ですの? お見舞いに来ましたわよって」

向日葵「はいはい」


櫻子「そのときだよ!『まだ苦しい? ポカリ買ってきたから置いときますわね』って言ったんだよ」

向日葵「ええ」

櫻子「わーありがとな向日葵、っつって。向日葵はそのあとすぐ帰っちゃったんだけど、私が一眠りした後に『そうだ、ポカリ飲もー』って見たらアクエリアスなんだよ!!」


向日葵「…………」



向日葵「別にいいじゃありませんの!」

櫻子「嫌なんだよ!」


向日葵「いーーじゃありませんのよ!!」

櫻子「やーなんだよ!!」


向日葵「ポカリって言ってアクエリアスがあってもいいじゃありませんの!!」

櫻子「イヤなんだよー!!!」どたどた



14: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 00:54:32.08 ID:P1/+EThu0
櫻子「あとあれだよ、メールの絵文字の使い方が全然違う!」

向日葵「絵文字に使い方なんて無いでしょう!?」

櫻子「あるんですーあれは使い方があるんです! 向日葵から送られてきたメール見てびっくりしたわこの前」




「今日は楽しかったですわ。

また一緒に遊びましょうね�� [食パン]」




櫻子「なんで食パンなんだよ!!」

向日葵「…………///」


櫻子「"また一緒に遊びましょうね" で食パンはねーだろ!」

向日葵「じゃあ聞きますけど、食パンの絵文字はいつ使ってあげれば良いんですの!?」

櫻子「知らねーよ!! 食パンの絵文字使うタイミングは私は知らないよ!! そうじゃなくてまた遊びましょうね食パンはありえねーだろっつってんの!」



15: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 00:55:32.72 ID:P1/+EThu0
向日葵「もういいですわ!! 我慢なりません!!」すくっ


櫻子「な……なんだよ!」

向日葵「こんなに言われるとは思いませんでした! これ持ってもう帰ります!」がさっ

櫻子「え、それなに?」


向日葵「クッキーですわよ! あなたにと思って作ってきたのに……もうあげませんから」

櫻子「えっ……あ、も、もらうよ!」


向日葵「あげません! さよなら!!」ばたん



櫻子「…………」



16: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 00:57:27.29 ID:P1/+EThu0
櫻子「うわぁ……まずったなあ……」


櫻子「よくよく考えれば……別に大したことしてるわけじゃなかったなあ……」


櫻子「プリッツとプッキーくらい間違えても……ねーちゃんだって許してくれてたし」


櫻子「ポカリとアクエリだって……別におんなじようなもんだしなぁ」


櫻子「食パンの絵文字も……別に食パンに意味はないけど、よくよく考えれば、『また一緒に遊びましょうね』なんてメール、ふつう恥ずかしくて送ってくれないよね……」


櫻子「あーやっちゃった……向日葵怒らせちゃった……どうしよう……!」ぽろぽろ



17: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 00:58:31.40 ID:P1/+EThu0
撫子「櫻子?」がちゃ

櫻子「あっ……ねーちゃん」


撫子「ひま子がこれ置いてったよ。ほらお菓子」

櫻子「あっ、さっきのクッキーだ!」


ぶーっ ぶーっ

櫻子「あ、メール来た」ちゃっ



<さっきはごめんなさい。

大したことないのに怒ってしまいましたわ。

いろいろ間違えちゃって、悪いのは私の方でしたわね。

クッキー、おいしく焼けてると思うので、食べてください。

そしたら、また私の部屋に来てちょうだいね��[食パン]>



櫻子「ひ、ひまわり……!///」



18: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:01:39.07 ID:P1/+EThu0
撫子「良かったじゃん、ひま子怒ってないみたいだよ」

櫻子「うん……うん……!」


撫子「ほら、早くこのクッキー食べて、ひま子んとこ行ってやんな」

櫻子「よーし、わかった!」ぱくぱく



櫻子「……これクッキーじゃなくてビスケットじゃん!!」


撫子「細かいこと気にしちゃだめだよ」

櫻子「もー、あいつどんだけ間違えまくるんだよーー!!」



19: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:02:17.77 ID:P1/+EThu0
【えいご】


花子「英語は書けても喋れなきゃ意味ないし」

向日葵「花子ちゃんの言うとおりですわ」


櫻子「うるさいなー!別に喋れるもん!」

撫子「へー、なんか喋ってよ」



櫻子「はーいひまわり! れっつめいくらぶ!」

向日葵「おっけーさくらこ! あいらーびゅー!」

櫻子・向日葵「「いぇーい!」」ぱちん


撫子「オイ」



20: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:04:08.15 ID:P1/+EThu0
花子「真面目にやれし」

撫子「ひま子、お手本見せてやって」

向日葵「わかりましたわ」



向日葵「Give me your love,Sakurako」

向日葵「Stay my side forever……I love you」ちゅっ

櫻子「い、いぇす……///」ぎゅっ



撫子・花子「「おいっ!!///」」びしっ



21: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:07:24.34 ID:P1/+EThu0
【大室家・家内ルール】


撫子「今日はあんたらに話がある」


櫻子「だめだよねーちゃん、もう私には向日葵という心に決めた人が!」

向日葵「でもどうしてもというなら、今夜だけは三人でも私は別に……///」


撫子「違ーう! あんたらのイチャつきっぷりが、花子の目に毒なんだよ!」

櫻子「……そう?」

向日葵「……かしら?」



22: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:09:52.12 ID:P1/+EThu0
撫子「というわけで禁則事項を作った。


①家の中でキスその他淫らな行為禁止

②不用意に身体を密着させてはならない

③相手を誘惑してはいけない

④パンツを食べてはいけない


これを守らないものはその場で罰金とする」



櫻子「えーー!?」

向日葵「厳しすぎますわ!」

撫子「簡単だろ!!」


櫻子「どうしよう、こんなんじゃ私たちすぐに一文無しだよ!」

向日葵「あぁ……いつでも世界のルールを決めるのは悪い人なのですね」しくしく

撫子「誰が悪い人だコラ」



23: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:12:12.50 ID:P1/+EThu0
撫子「あんたらのせいで花子の嗜好がおかしくなったらどうするのさ……」


櫻子「そんなこと言われても……」

向日葵「ねえ?」



向日葵「だいたい私だって撫子さんにいろいろ女同士のやり方を教わったりしましたから、今の私は撫子さんの影響でできてますわ」

櫻子「そうだよそうだよ! ねーちゃん自分で妹たちに悪影響与えてたんじゃんか!」

撫子「なに……!?」


向日葵「きっと撫子さんの彼女がこの家に遊びに来たら、私たち以上の悪影響を撒き散らすはずですわ」

櫻子「そうだそうだ!」

撫子「くっそ……言いたい放題いいやがって」



24: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:14:35.13 ID:P1/+EThu0
櫻子「それに私、見ちゃったもんね!」

撫子「何を?」

櫻子「花子のラブレター!」

撫子「えっ!?何それ!」


櫻子「実は花子の机には、書いただけで渡してないラブレターが隠してあるの。内容教えてあげようか?」

撫子「うんうんうん」


櫻子「『撫子お姉ちゃんとえっちなことがしたい』って書いてあったよ」


撫子「…………」


向日葵「……もう手遅れですわね」

櫻子「そ! 花子はもう手遅れ!」


撫子「…………」



25: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:15:27.96 ID:P1/+EThu0
撫子「わかった、この禁則事項は取り消します」

向日葵「やりましたわ!」

櫻子「私たちの勝利だ!」



撫子「じゃあ私、花子の部屋に行ってくるね」くるっ


櫻子「……あー! 向日葵さっきの禁則事項掲げろ! ねーちゃん花子を襲う気だ!」

向日葵「ええっ!?///」

撫子「うるさい!向こうからOK出てんだよ!」


櫻子「くっ、いたいけな花子を救わなくては……!」がっし

撫子「そこをどけぇ……!」ぐぐぐ



26: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:17:45.43 ID:P1/+EThu0
向日葵「あれ?花子ちゃん部屋にいませんわよ?」

撫子「え!?」

櫻子「うそ、どこ行ったんだろ」


『……ん……』


向日葵「……なんかこっちから物音がしますわ」

櫻子「あ、もしや……」

撫子「??」



櫻子「花子ー!」バン

花子「んっ!?///」びくっ


撫子「……花子、私の部屋で何してんの」


向日葵「私の見間違いじゃなければ、今撫子さんのパンツ食べてましたわ」

花子「…………」



櫻子「……みんな手遅れだ!」

撫子「そうだね!」

向日葵「もう各自好き放題やりましょう!」

花子「それが平和だし!」もぐもぐ



27: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:22:33.60 ID:P1/+EThu0
【えいが】


向日葵「雨といえば映画ですわ」

櫻子「やったー映画!」

向日葵「ちゃんとチケットもとってありますのよ」ぴらっ

櫻子「用意が良い! なんの映画?」

向日葵「思い出のマーニーですわ」

櫻子「よーし行こー!」



櫻子&向日葵「~~~♪♪」くるくる


撫子「……それで今日ずっと踊ってるのか」

花子「おめでたいし……」


櫻子「ねえお願い……約束して? 私たちのことは秘密よ。永久に……」ぎゅっ

向日葵「ええ……秘密ですわ。永久に……///」


撫子「誰に何を秘密にするんだか」

花子「ひま姉まで影響受けすぎだし……」


櫻子「いじわるなばあやが何か言ってるわ」ひそひそ

撫子「誰がばあやだコラ」



28: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:24:19.23 ID:P1/+EThu0
【性教育】


向日葵「撫子さん、櫻子への性教育は順調ですか?」

撫子「……はあ?」


向日葵「はあじゃなくて、そろそろ櫻子の性的な知識は一般レベルまで来たのかと聞いていますわ」

撫子「いや私は櫻子に何もしてないけど……」

向日葵「ええっ!?撫子さんがしなかったら誰がするんですの!?」

撫子「学校だろ」



29: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:25:29.83 ID:P1/+EThu0
向日葵「櫻子は授業中ほとんど寝てるんですから、姉である撫子さんがきちんと性教育をしてあげる必要があるんですわ!」

撫子「そんな必要ないでしょ……」

向日葵「万が一間違いが起こったりしたらどうするんですの!?」

撫子「その間違いを起こす相手はアンタでしょ」

向日葵「まあそうですけど」


撫子「私は櫻子や花子とそういう話はしないって決めてるから。わかったら帰りな」しっしっ

向日葵「もう、頼りになりませんわね……」はぁ



向日葵「とりあえず櫻子の部屋に行きますか……あら?誰かの声がしますわ」


『さ、櫻子……♡』

『花子っ、もうちょっと下……///』



向日葵「…………」



向日葵「撫子さん撫子さん!!!」どかどか

撫子「うるっさいなあ……」がちゃ

向日葵「間違い起こってるじゃありませんの! 今櫻子と花子ちゃんが部屋であられもないことしてますわよ!? 教育を怠ったせいでこの家の性環境がめちゃくちゃですわ!!」

撫子「鼻血出しながら言っても説得力無いよ」



30: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:29:18.78 ID:P1/+EThu0
【ねこかふぇなでしー】


櫻子「この前ねーちゃんを猫カフェで見たって情報が入ったよ」

撫子「!?///」どきっ


向日葵「赤座さんたちが見たとおっしゃってましたわ」

花子「ほんとかし」

撫子「……いや、友達が行くからついていっただけだよ」


向日葵「ところで、赤座さんにそのときの写メを貰ったんですけど」

花子「見たいし!」



31: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:31:33.17 ID:P1/+EThu0
向日葵「これですわ」

撫子「あー!!///」


花子「……なんでネコ耳つけた撫子お姉ちゃんが写ってるし?」

櫻子「なんか聞いたところによると、お店に置いてあったおもちゃをねーちゃんが着けたらお店の猫より可愛くなっちゃって、店に来てた全員に写真撮られまくったらしいよ」

向日葵「撫子さん……」

撫子「…………///」かあああっ



櫻子「意外といじられるタイプだよね」

向日葵「見世物ですもんね」

撫子「くっ……誰にもバレないと思ってたのに、この町は狭すぎる……!」がくっ


花子「櫻子とりあえずその写真花子の携帯に送れし」

櫻子「おっけ」

撫子「おっけじゃねえよ」びしっ



32: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:32:17.40 ID:P1/+EThu0
【何も意識しなくても自然にモテてしまう大室家の血筋・さくちな編】


ちなつ「はぁ……」

櫻子「どーしたの?」

ちなつ「んーん、櫻子ちゃんには関係なーい……」

櫻子「そんな言い方しないでよ~……元気ないちなつちゃん見てたら私だってほっとけないよ?」

ちなつ「え……?」


櫻子「なんでも相談してよ!ちなつちゃんの笑顔が見れるなら、私なんだってするよ!」

ちなつ「っ……///」



33: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:33:48.47 ID:P1/+EThu0
ちなつ「も~~! 櫻子ちゃんのバカ!」

櫻子「ええっ!? 相談に乗ってあげようとしてるのに!?///」


ちなつ「今のセリフのせいで悩みが増えちゃったじゃないの!」

櫻子「えっと……どんな悩み?」


ちなつ「これ以上私に好きな人を増やさないで!! パンクしそう!!///」

櫻子「は……?///」


ちなつ「もう櫻子ちゃん私の前でかっこいいこととか言うの禁止ね! 好きになっちゃうから!」

櫻子「いや、あの……」


ちなつ「わかったらどっか行って! その目見てたら好きになっちゃいそうだから!」

櫻子「どゆこと……」



34: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:36:14.35 ID:P1/+EThu0


櫻子「だめだあ。ちなつちゃんの考えてることは私にはわからないや」

向日葵「わからなくて良いんですわ」


櫻子「そんなこと言ったって、元気ない人はほっとけないもーん!」

向日葵「ああもう! 急にかっこいいこと言わないでくださる? 鼻血出ちゃいますから」

櫻子「私は普通にしてるだけだぞ!///」



35: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:40:19.42 ID:P1/+EThu0
【明かされるひまさくの実態・さくちな編】


ちゅっ


ちなつ「キス、しちゃったね……♡」

櫻子「うん……///」


ちなつ「櫻子ちゃん、こういうことするの初めて?」

櫻子「ううん、今朝向日葵としてきた」


ちなつ「え……で、でもここをこう触られたりとかは初めてよね……?」

櫻子「今朝向日葵が」


ちなつ「じゃ、じゃあこんなとこ舐めちゃったりなんて……!///」

櫻子「ひま」


ちなつ「お前らァァアア!!!」どがーん



36: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:44:04.29 ID:P1/+EThu0


ちなつ「向日葵ちゃん、聴きたいことがあるんだけど」ゴゴゴ

向日葵(なんか吉川さんが怖いオーラまとってますわ……)


ちなつ「一体君たちはどこまで進んでるんですか?」

向日葵「そ、そんな、私たちなんて何も……」

ちなつ「とぼけんなー!今朝もやってんだろセック」

向日葵「きゃあーーー!///」ぶんぶん


向日葵「吉川さん! 中学校のど真ん中なんですからもう少し言葉を選んで……!」

ちなつ「おーい! いたいけな中学生を毎朝毎晩大人の世界に誘ってるのはどこの誰よ!?」

向日葵「そんな大人の世界なんて……私たちは子供なりにお互い手探りで楽しんでるだけですので///」

ちなつ「うがーーー!」ぼかーん



37: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:44:56.64 ID:P1/+EThu0


ちなつ「ずるいずるいずるいずるい」どたどた

向日葵「お、落ち着いて吉川さん……」


ちなつ「恋に恋してるわけじゃないけど……二人が羨ましすぎるよお! とても同い年の中学生とは思えない!」

向日葵「いえ、私たちだけがちょっと特別なだけですので……」


ちなつ「……そのノロケはもはや無意識なの?」じとー



38: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:46:48.03 ID:P1/+EThu0
【ちゃいにー】


向日葵「お願いですわ!」

櫻子「やだ!」


向日葵「お願いしますから!」

櫻子「やーだー!!」



撫子「何やってんの」

櫻子「ねーちゃん助けて!向日葵がうるさいの!」

向日葵「そんな! 私はただこのチャイナドレスを櫻子に着てもらいたいだけで……!」

撫子「またくだらないことやって……」



39: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:49:31.62 ID:P1/+EThu0
撫子「いいじゃん着てやんなよ櫻子も」

櫻子「じゃあねーちゃん先に着てよ」

撫子「やだ」

櫻子「ほらーねーちゃんも嫌なんじゃん!」


向日葵「お願い、今私の中で空前絶後のボディコンブームが到来してて……櫻子なら絶対似合いますから」

櫻子「やだもー変態! 向日葵の変態!///」



撫子「別にチャイナドレス自体はちゃんとした正装だから変態とかじゃないんだよ?」

櫻子「そんなの知ってるよ!一回着たもん!」

撫子「そうなの?」


櫻子「これ着たら向日葵は絶対スリットから手突っ込んで私の身体を揉みしだくんだもん! くすぐったくてやだ!」

撫子「変態だった……」



40: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:50:34.15 ID:P1/+EThu0
【ちゃいにー2】


「おおー!ちなつちゃんアル!」


ちなつ「は……櫻子ちゃん!? 何その格好!」ぺたぺた

櫻子「やっ、ちょ、くすぐったいアルよ~!///」


突然チャイナドレスを着て現れたとってもスマートでボディコンシャスな櫻子ちゃん。夢中ですべすべのおなかを撫で回すちなつちゃんの前に、向日葵ちゃんが現れる。


向日葵「どうです吉川さん、櫻子はチャイナ路線も可愛いでしょう?」

ちなつ「やばい!このすべすべは卑怯だよ!魔性だよ!」

櫻子「はぁ、もうやめていいかな向日葵、私なんだか恥ずかしい……///」

向日葵「その恥ずかしがってる表情もナイスですわ!」すべすべ

櫻子(聞いちゃいない……)



41: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:53:36.20 ID:P1/+EThu0


あかり「可愛いねぇ櫻子ちゃん」

向日葵「ありがとうございますわ♪」

あかり「でもね……まだ足りない要素があるよ?」

櫻子「?」


あかり「それは……お団子だよぉ!」ばばーん

向日葵「あ!!」


あかり「チャイナドレスにはお団子だよ! 包むリボンもね」

向日葵「さすが赤座さんですわ! お団子界の天使!」

櫻子「あかりちゃんもそっち側の人なの……?」



42: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:55:38.36 ID:P1/+EThu0
【かりもの】


撫子「櫻子、消しゴムかえして」

櫻子「んー」




撫子「櫻子、電子辞書かえして」

櫻子「ほーい」




撫子「櫻子、ローターかえして」

櫻子「へーい」

向日葵「ちょ、ちょっ!?///」



43: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:56:41.06 ID:P1/+EThu0
【なでひまさくの特訓】


櫻子「ねーちゃん、もうすぐ向日葵が来ると思うから、来たら私の部屋に通しといて」

撫子「あ……」


撫子「櫻子、話があるんだけど」

櫻子「へ? なに?」



撫子「あのさ……その、聴こえてるんだよね。全部」

櫻子「なにが??」


撫子「あんたらの……その、声というか」

櫻子「えっ……」



44: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 01:59:27.49 ID:P1/+EThu0
撫子「いいやもう言っちゃう。あんたたちが部屋でヤってる時の声が私の部屋までだだ漏れなんだよ」


櫻子「はっ、はああああ!? 私たち何にもやってねーし!///」

撫子「違う、いいんだよそういうの。もう知ってるんだよ。何回も何回もヤってるじゃんいつも……」

櫻子「うっ……///」



撫子「あれは何? 櫻子の部屋じゃないとできないの? たまにはひま子の家でやったりできないんかい」

櫻子「……向日葵の部屋は、楓がいるから」

撫子「そっか……」



向日葵「櫻子ー、来ましたわよ」がちゃ

撫子「あ、来た来た」

櫻子「向日葵……///」


向日葵「どうしたんですの??」



45: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:01:55.00 ID:P1/+EThu0


撫子「……というわけなんだよね」

櫻子「……///」

向日葵「……///」



撫子「あんたたちが最近やけに仲良くなったのは知ってたけど、そこまでの関係とはね。まだ中1なのに」

向日葵「お恥ずかしい……」


撫子「今日来たのもそれ目的なんでしょ?」

向日葵「はい」

撫子「はいって」びしっ



46: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:02:43.18 ID:P1/+EThu0
撫子「私の部屋にあれだけの声で聴こえてるってことはさ、花子の部屋にもたぶん同じだけ聴こえてるんだよ……よくないよそういうの」


向日葵「ご、ごめんなさい……///」

櫻子「じゃあどうすればいいのさ」



撫子「そこで、今日は私が直々に声を出さずにヤる方法を教えてあげる」

櫻子「は?」


撫子「声を抑える方法ちゃんとあるから。細かいテクをちゃんと教えてあげるから、部屋行くよ」すくっ

櫻子「いやいや待って待って! え、何言ってんの!?」

向日葵「撫子さんも……今日は一緒にってことですか?」


撫子「そう」

櫻子「そう、じゃねーよ! ねーちゃんとなんてできるかーー!!///」



47: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:05:51.58 ID:P1/+EThu0
撫子「……本音を言ってもいいかな」

向日葵「え?」



撫子「溜まってます」どーん

櫻子「ぶっちゃけたな……」



撫子「もうあんたたちでも構わない。久々にやりたいよ私も」

向日葵「久々って以前は誰とやってたんですの……」

撫子「だって毎晩毎晩隣の部屋から喘ぎ声が聞こえてきてたらそりゃ溜まるもんも溜まるでしょーよ。あんたたちのせいだよ」

櫻子「それはそうかもしれないけどさ……」

撫子「早く行こう。さんぴーしよう」ぐいぐい

櫻子「ねーちゃんのカリスマが音を立てて壊れていくー!!」



48: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:07:58.47 ID:P1/+EThu0
撫子「櫻子に、いつか私の妹として恥ずかしくないテクを身につけさせなきゃとは思ってたんだよね。今日はみっちり叩き込むから」

向日葵「それは楽しみですわ!///」きらっ

櫻子「こら! 勝手に話すすめるなー! 私は好きな人としかやらないって決めてるの!!」


撫子「ほう……」ずいっ

櫻子「うぇっ?」



撫子「櫻子、私の目を見て」じっ

櫻子「な、なに……?///」



撫子「好きだよ」ちゅっ

櫻子「!?///」どきっ


向日葵「きゃーー!!」



49: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:12:38.96 ID:P1/+EThu0
撫子「……どう櫻子、まだ私のこと嫌い?」

櫻子「ん……い、いいよ……///」こくり


向日葵「一発で櫻子を堕とした……まるで魔術師みたいですわ」


撫子「櫻子とは13年間毎日一緒にいるんだ。ひま子よりも私の方がコツを抑えてるかもね」

向日葵「な、なんですって!?///」

撫子「ぼさっとしてると櫻子が私に夢中になっちゃうよ? だからあんたも頑張んな」

向日葵「強敵ですわ……撫子さん……!」


櫻子「ねーちゃん……///」ぽわぽわ



未来「花子様どしたのー? 元気ない!」

花子「うん。ちょっと悩みがあるし……」

こころ「なになにー?」


花子「最近撫子お姉ちゃんとかひま姉が櫻子の部屋で一緒に遊んでるらしくて……でも花子には何も言ってくれないし。花子だけ仲間はずれにされてる気分だし」

未来「ええっ!ひどーい!」



50: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:14:06.02 ID:P1/+EThu0
【Mな道】


向日葵「撫子さん、ちょっとお話が……いいですか?」

撫子「ん、なに?」


向日葵「その……私からのお願いというか」

撫子「いいよいいよ、何でも言って?」

向日葵「お願いというより注意というか」

撫子「え……注意?」


向日葵「櫻子の性癖のことなんですが」

撫子「は?」


向日葵「知ってます?櫻子って、SかMかで言ったらM寄りなんですの。それも痛みとかも受け入れる系の……」

撫子「そんなことあんたしか知らないでしょ……だから何なのさ」

向日葵「それじゃあ困りますのよ! 私もどっちかと言ったらMなんですのよ!?」ばん

撫子「だから知らないよ! それが何!?」



51: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:15:56.24 ID:P1/+EThu0
向日葵「櫻子がMになった原因を考えてみたんですの」

撫子「ほう」

向日葵「撫子さんって……その、結構櫻子をひっぱたいたりするでしょう」

撫子「それは……まあ、あの子が悪い事したときとかはね」


向日葵「…………」

撫子「何、私のそれがいけないって?」

向日葵「…………」


撫子「言っとくけどね、櫻子みたいのは甘やかしたらダメになるんだ。叱るときは叱るよ。それに私は力任せにやってるわけじゃない。妹に当たったりなんて私は絶対しないから」

向日葵「それが……その愛が絶妙な力加減を産んであの子をMの道に引き入れて……!?」

撫子「そこまでは知らないよ……」



52: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:18:26.66 ID:P1/+EThu0


向日葵「じゃあ、撫子さんにお願いがあります!」

撫子「今度は何?」


向日葵「私をひっぱたいてください!」

撫子「は……?」


向日葵「私知りたいんですの。あの子のために……櫻子が喜んでくれるために。私も撫子さんにはたいてもらって、その力加減とかを覚えたいんですの!」

撫子「えー……」


向日葵「遠慮はいりませんわ、心置きなく、ぱちーんと」

撫子「いやいやそんなことできないって」

向日葵「大丈夫ですわ私もMですから」


撫子「もーうるさいなぁ……じゃあ、一回だけだからね。櫻子のと同じようにやるけど、私のこと暴力的だとか思わないでね」

向日葵「どんとこいですわ!」



53: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:21:26.40 ID:P1/+EThu0
撫子「い、いくよ……///」

向日葵「っ……」ごくっ



ぱちん!

櫻子「ねーちゃんこっちに向日葵来てな……あっ!?」ガーン


撫子「あ……」

向日葵「ぁ……」



櫻子「おっ……おおおおおい!! なんでねーちゃんが向日葵のこと叩いたの!?」

撫子「いや、違うよ! これはひま子が自分から……!」



櫻子「いくらねーちゃんだって……私の向日葵を傷つけることは絶対に許さない!! 謝ってよ!!!」

向日葵「!!!///」どきっ


撫子「だから違うんだよ! ほらひま子もなんか言ってやってよ!」

向日葵「櫻子……ありがとう……///」うっとり

櫻子「大丈夫か向日葵……よしよし」

撫子「オイ!!!」



54: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:23:14.48 ID:P1/+EThu0


撫子「もうやだ……もうあのバカップルの悩みには付き合わないことにする……良いこと一個もない……」

花子「撫子お姉ちゃんどしたし?」

撫子「花子……あんたは変な性癖身につけちゃだめだからね」なでなで

花子「??」



楓「花子おねえちゃん、ロープ持って来たの。縛りごっこするの!」

撫子「手遅れだった……」がくっ



55: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:25:06.15 ID:P1/+EThu0
【なでひまさく~シスコンの手から櫻子を救え編】


「おお、さくらこよ。わがいもうとながら、なんだそのえろいくちびるは。わたしはもうがまんできない」

「だめだよねーちゃん、わたしたち、しまいなんだよ?」

「そんなことはどうだっていい、わたしはさくらこがだいすきなんだ!」

「ねーちゃん……」




「そこまでですわ!!」ばーん

「だ、だれだ!」



56: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:26:55.80 ID:P1/+EThu0
「じつのいもうとにてをかけるとは! さくらこはこのひまわりのものですわ!」

「なでしこをまともなみちにもどすため、このみわあいがひとはだぬぎます!」

「やえのみほ、なでしこのくちびるをうばいにまいった!」

「そのかわめぐみ! どさくさにまぎれていうけど、なでしこのことがすきよ!!」



「ええいじゃまものめ! あかのたにんであるおまえたちに、わたしたちのあいはひきさけない!」

「まってくださいなでしこさん! すべてはさくらこのきもちしだいですわ!」

「そうよそうよ! さくらこちゃんのきもちをきいてみましょう!」



57: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:28:02.69 ID:P1/+EThu0
「さくらこ、わたしたちはしまいだけど……それでもわたしはむすばれたいとおもっているんだ。さくらこは? わたしのことすき?」


「うん……すき……」


「よっしゃあああああああああああ!!」

「ずるいですわ! ききかたがずるい!」

「あんなこといわれたらきらいとはいえないじゃない!」


「さあこれでわたしたちはりょうおもいということがわかった! わたしたちのこいじにあしをふみいれるやぼなおんなども、かえってゆりひめでもよんでいるがいい!」ずばーん


「そんな……さくらこ! さくらこ~~~!!」



向日葵「はっ!!」

向日葵「ゆ、夢……」


楓「お姉ちゃんおはようなの!」

向日葵「楓……おはようございます」



58: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:29:54.64 ID:P1/+EThu0
向日葵「朝からとんでもない夢を見てしまいましたわ……」ぽーっ

櫻子「おーっす向日葵ー」

向日葵「ああ櫻子、おはよう」


撫子「おはよ、ひま子」

向日葵「きゃっ! な、撫子さん……?」

撫子「ん?」

向日葵「い、いえ、なんでもないですわ……」



撫子「櫻子、ここにごはん粒ついてるよ」ちょん

櫻子「え?どこ?」


撫子「ここだよここ。……あーもう」


ぱくっ


向日葵「きゃーーーーーーー!!!///」


撫子「うわっ、びっくりした」

櫻子「どしたの向日葵」



59: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:31:47.98 ID:P1/+EThu0
向日葵「撫子さん!! やっぱりあなた櫻子のことを……! こんな路上でいきなりキスだなんて!」

撫子「ごはん粒とっただけでしょ……」

向日葵「手で取ってくださいよ! なんで口で取るんですの!!」


撫子「こんなのうちじゃ日常茶飯事だよ」

櫻子「わたしも花子によくやるしね」

向日葵「えーーーっ!?///」


撫子「それじゃ櫻子、行ってらっしゃい」

櫻子「うん、じゃーねー」


向日葵「待ってください撫子さん! あなたはシスコンですわ! 病気です!」

撫子「何言ってんだ急に……」

向日葵「許しませんわ!許されませんわ!あなたたちがどんな関係であろうとこの私の目の黒いうちは……!!」ギャーギャー


櫻子「あーあ、向日葵が壊れた」

撫子「こんなひま子初めて見たよ」



60: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:32:51.23 ID:P1/+EThu0
向日葵「というわけで櫻子! 今から行ってきますのキスであなたを上書きします!」

櫻子「はあ?」


向日葵「撫子さんのキスで穢されてしまったあなたを私のキスで浄化しますわ!」

櫻子「何言ってんの!? というか一緒に学校行くのに行ってきますのキスっておかしいでしょ!」

撫子「さりげなく私が汚いみたいに言われてるんだけど」


櫻子「キスしたいだけだろ!!」

向日葵「はい」

櫻子「はいじゃねえ!」



61: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:34:12.85 ID:P1/+EThu0
【ねぼける櫻子】


撫子「櫻子って結構寝ぼけるんだけどさ」

向日葵「ええ」

撫子「トイレ行った後とかに、寝る部屋をほぼ毎日間違えるんだよね」


向日葵「……どういうことですの?」

撫子「気づいたら私のベッドに潜り込んでるんだよ。冬は良いけど今は暑くて仕方なくてさ……」

向日葵「ずるいずるいずるい!」



花子「花子の部屋にもよく来るし」

向日葵「えーっ!?///」

花子「おっきい抱き枕だなーって思ったら櫻子だった、ってことが今までに何百回あったかわからないし」



62: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:36:22.94 ID:P1/+EThu0
向日葵「ずるいですわ……櫻子も寝ぼけてうちのベッドまで来ないかしら」はぁ

花子「ありえなくは……」

撫子「ないよね……」



向日葵「櫻子、今夜は玄関の鍵を開けておきますから」

櫻子「んー?」

向日葵「ですから、その……来ていいんですのよ?」

櫻子「何が?」

向日葵「やだもう、寝ぼけてないと素直になれないなんて……可愛いですわ///」

櫻子「よくわかんないけど、危ないから夜は戸締りしろよな」

向日葵「」




63: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:37:19.53 ID:P1/+EThu0
【みんなだいすき なでさく】


「ひま子とはどこまで行ったの?」

「ね、ねーちゃん……」


「ん? ……教えてよ」すりすり

「だめだってこんなの……///」


「いいでしょ、誰も見てないよ」

「そうかもしれないけど……」


「こっち向いて……櫻子」

「あっ……んん///」



(見てますわよ)

(見てるし)

(見てるの)



64: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:38:24.47 ID:P1/+EThu0
【ひまちゃん、なでさくを夢見る】


撫子「誕生日おめでとう、櫻子……///」ちゅっ

櫻子「ん、ありがと」


撫子「またひとつ大きくなって……どんどん可愛くなるね」

櫻子「もう、くすぐったい……///」


撫子「櫻子が生まれてきて13年かぁ……」




撫子「櫻子。13年間、ずっと好きだったよ」


櫻子「ねーちゃん……!///」



撫子「いろんなところが大人になってきたね」さわさわ

櫻子「あっ、もう、そんなとこ……だめぇ♡」



65: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:41:16.10 ID:P1/+EThu0
撫子「どんどん私に似てきて……可愛いね」

櫻子「ねーちゃんの方が可愛いよ?」

撫子「なっ……!///」


撫子「も、もう櫻子は!」

櫻子「やあん♡」

撫子「可愛いんだから~!///」




向日葵(……なんてことが今頃櫻子のベッドの上で行われているのかしら)


向日葵(…………)



向日葵(めちゃめちゃ興奮しますわね)



66: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:41:56.51 ID:P1/+EThu0
【古谷花子ちゃん】


花子「お世話になりますし」ゲザァ

向日葵「ど、どうしたんですの花子ちゃん……」


花子「今日からこの家の子になりますし」

楓「わーいなの!」

向日葵「これはまたどうして……?」


花子「もーー耐えらんないし。あの二人は最近おかしいし」

向日葵「撫子さんと櫻子ですか」


花子「一体いつからなのか、二人が急激に仲良くなりだして……しかも撫子お姉ちゃんの方が櫻子ラブなもんだから、歯止めが効かなくて困るし」

向日葵「確かに私も櫻子に相談されましたわ。撫子さんがグイグイくるって」



67: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:51:10.99 ID:P1/+EThu0
花子「一番ひどいのはご飯の時間だし。ひま姉は知らないかもしれないけど、最近料理当番制がなくなったの」

向日葵「えっ!? じゃあどうしてるんですの?」


花子「毎日撫子お姉ちゃんがやってるし。櫻子の食べたい物をきいて、それに合わせて楽しそうに作ってる。だからここんとこ櫻子の好物のオンパレードだし」

向日葵「まるで櫻子が王様みたいになってますわね……」

花子「そう。しかも食べる時までひどいんだし」




撫子『ほら、櫻子のために作ったんだよ?』

櫻子『わーいありがとう!』

撫子『食べさせてあげる。はい、あーん』

櫻子『あー……わ、あっつ!』

撫子『あっ、ごめんね!? ごめん櫻子、やけどしなかった……?』

櫻子『ん、ま、まあ大丈夫だけど……///』



68: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:54:13.77 ID:P1/+EThu0
撫子『ふーふーしてあげる。ふー、ふー……はい』

櫻子『あーん……ん! おいしい!』

撫子『ほんと!?』

櫻子『すごいおいしいよ! ねーちゃん天才!』

撫子『あああああもう可愛い! 櫻子可愛い!』


櫻子『ねーちゃんも食べなよ! ほら、あーん……』

撫子『えっ、あっ、あ……///』

櫻子『どうしたの?』

撫子『い、いや、櫻子にあーんしてもやうなんて……』

櫻子『そんなこと気にしないでよ! ほら、あーん』

撫子『あー……あっつ!!』

櫻子『あ、そうだったごめんごめん。ふーふー……』



69: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:54:50.90 ID:P1/+EThu0
撫子『……櫻子』

櫻子『ふー、ふ……え、なに?』」

撫子『私は櫻子のもっと熱いものを受け止めたいな……』ぐいっ

櫻子『わっ、ね、ねーちゃん……///』

撫子『いいでしょ……? もう我慢できないよ……///』

櫻子『だ、だめ……花子が見てる……』

撫子『大丈夫花子はご飯に夢中だから……』

花子『ちょっと! 人を犬みたいに思わないで欲しいし!?』



花子「みたいな感じだし」

向日葵「は……!?」


花子「そんなのが毎日毎日……もう疎外感通り越して悟り開きそうだし。だから悪いけど古谷家の子にさせてくださいお姉様」ゲザァ

向日葵「大変でしたわね……それは確かにあの家にいたくなくなりますわよね。バカすぎますわあの二人」



70: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 02:58:00.53 ID:P1/+EThu0
【ちなつちゃんの密告】


撫子「あっ」


ちなつ「あ~!櫻子ちゃんのお姉さん!」

撫子「やあ、ちなつちゃん」

ちなつ「や~ん覚えててくれたんですか!?」

撫子「一度会った女の子のことは忘れないよ。花子もちなつちゃんのこと好きみたいだし、また遊びに来てよ」

ちなつ「行きます行きます~!」



71: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 03:00:27.02 ID:P1/+EThu0
ちなつ「そうだお姉さん、相談なんですけど」

撫子「相談?」

ちなつ「向日葵ちゃんが……最近“櫻子”の前に“うちの”をよくつけるようになったんですよ」


撫子「……どういうこと?」

ちなつ「だから、毎日毎日『うちの櫻子は~』とか『うちの櫻子が~』ってうるさいんです」

撫子「えぇ……」


ちなつ「なんとかなりませんかねえ。あんまり目の前で好き好きアピールされてもどうしていいかわかんないし」


撫子「全く困った子だねひま子も……わかった、言っとく」

ちなつ「ありがとうございます~」


撫子「それじゃあね、私の大切な妹・櫻子の友達のちなつちゃん」

ちなつ「って、あんたもかいっ!///」びしっ



72: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 03:02:51.13 ID:P1/+EThu0
【キスの下手な子・上手な子】


撫子「……」ずーん


藍「大変、撫子があからさまに落ち込んでいるわ」

美穂「こんな撫子見たことない……」

めぐみ「どうしたの撫子!? 何かあったの?」



撫子「……妹に、『ねーちゃんキス下手だね。向日葵の方が上手いかも』って笑われた……」



藍「ほっときましょ」

めぐみ「そうだね」



73: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 03:03:56.15 ID:P1/+EThu0
美穂「そう……可哀想だったわね撫子。よしよし」

撫子「うぅ、美穂……」


美穂「撫子、キスが上手くなりたい?」

撫子「な、なりたい! どうすればいいの!?」


美穂「そんなの、特訓あるのみよ」

撫子「えっ」

美穂「私が練習台に……///」


藍「ちょっと待ったぁ!」

めぐみ「抜け駆け禁止!」



美穂「なによ、あなたたちは落ち込んでる撫子を見捨てたじゃない!」

藍「それとこれとは話が別よ!」

めぐみ「撫子の唇はみんなのものでしょ!」



74: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 03:04:58.19 ID:P1/+EThu0


藍「待って、問題がひとつあるわ」

めぐみ「何?」


藍「この三人の中にキスの上手な人いるの?」


美穂「……」


めぐみ「……」



藍「正直私は撫子より下手かもしれないわ……」

美穂「でも撫子はそうとう上手いわよ?」

めぐみ「櫻子ちゃんのレベルが高すぎるんだよ」

藍「恐ろしいわね、櫻子ちゃん……」



75: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 03:05:56.53 ID:P1/+EThu0
藍「我々は撫子の力になるべく」

美穂「上手なキスを身につけるために」

めぐみ「ある人物を訪ねることとなった」





藍「あなたが向日葵ちゃんね!?」

美穂「噂はかねがね聞いているわ!」

めぐみ「私たちとキスしましょう!!」


向日葵(なんか変なのがいっぱい来ましたわ……///)



76: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 03:07:41.71 ID:P1/+EThu0
【ひまあかえっち】


向日葵「大丈夫ですわよ赤座さん。多少なら私も慣れてますから」

あかり「うん……///」

向日葵「安心して、お昼寝でもしてる気持ちでどうぞ?」

あかり「わ、わかった」

向日葵「ああ……赤座さんは本当に温かいですわねぇ」

あかり「えへへ……ありがとう♪」

向日葵(可愛い……///)



あかり「あかり、向日葵ちゃんとなら、キスしてもいいよ?」

向日葵「うふふ……嬉しいですわね」

あかり「あっ……む……」ちゅっ



77: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 03:09:32.24 ID:P1/+EThu0
向日葵「今日は全部赤座さんのために尽くしますわ」

あかり「私も、向日葵ちゃんのために頑張るねっ?」

向日葵「気持ちよくして差し上げます……」

あかり「わぁ……」





ちなつ(いけないいけない、変な妄想しちゃった///)ふるふる


櫻子「わかる。向日葵とあかりちゃんのえっちの手探りな感じ可愛いよね」

ちなつ「脳内覗かれた!?///」どきっ



78: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 03:10:36.38 ID:P1/+EThu0
【高校生たちの結婚】


美穂「は~いみんな注目ちゅうもく~」ガラガラ

めぐみ「なんか美穂がホワイトボード持ってきた……」

藍「どうしたの? 美穂」


美穂「さあ、今日の議題はこれよ!」キュッキュッ



『高校生にできて中学生にできないこと』



美穂「撫子! なにか思いつくかしら?」

撫子「えー……なにも」

藍「そうね、中学生と高校生って実際そんなに変わらないわよね」


めぐみ「あっ、バイトじゃない? バイトは高校生になってからじゃないとできないよ!」

美穂「ぶっぶ~! めぐみナンセンス! そんな答えは求めてないで~す!」

めぐみ「ひどい……」



79: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 03:12:01.59 ID:P1/+EThu0
撫子「じゃあ求めてる答えは何なのさ」


美穂「鈍いわねえ。15歳までの子にできなくて、16歳からできることを聴いてるのよ♪」


藍「あっ……!」

美穂「あ、藍がひらめいた顔してるわ!」



藍「もしかして……結婚?」

撫子「あっ……」


美穂「やーーん藍正解正解~! 正解者には美穂ちゃんからのキッス!」ちゅーっ

藍「ど、どうも……///」



80: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 03:13:50.78 ID:P1/+EThu0
めぐみ「なるほど、結婚かぁ……」

美穂「ほんと鈍いわねえみんな。16歳を迎えてから今に至るまで何をしてたのかしら」

撫子「普通に高校生してたよ」


美穂「結婚!それは私たち高校生と、ともあかね大学生組しか、この作品内ではできないのよ!」

藍「ともあかね……?」

めぐみ「この作品……?」


美穂「結婚……それは、永遠の約束。一生支え合うこと、愛し続けること、愛に応えることの約束……」キラキラ

めぐみ「美穂の目が輝いてる……///」

撫子「意外と結婚に憧れてたんだね……」


美穂「私は生まれてこの方18年間、しょうらいのゆめ:およめさんを貫き続けているのよ!」

藍「すごい……!!」



81: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 03:15:27.42 ID:P1/+EThu0


美穂「というわけで、我々高校生はこれから婚活期に入ります」

めぐみ「婚活期ぃ?」


撫子「まずは受験期を乗り切ろうよ」

美穂「動きださなきゃ何も始まらないのよ!」



藍「まってまって、その前に相手。相手がいなくちゃ結婚はできないわよ?」

めぐみ「そうだよ、美穂付き合ってる人いるの?」


美穂「……こほん」



82: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 03:16:51.00 ID:P1/+EThu0
美穂「正直私は、この三人の中の誰とでも結婚していいと思ってるわ」

めぐみ「えっ!?///」

藍「あっ、めぐみ嬉しそう……」


撫子「おかしいでしょ……もう何もかもおかしいよ」

美穂「私たち4人はこれから、お互いアプローチし合うの。結婚というゴールに向かって!」

藍「うーん……」


美穂「いつまでも中学生と同じようにゆるゆるしてちゃダメよ。色仕掛け、良妻アピール、そういったものでハード百合大好きな読者を引き込むの!」

めぐみ「結構真面目に読者のことを考えてたんだね……」


美穂「というわけで今日は解散! 明日からは皆も結婚に向かって頑張りましょ!」

撫子「……」



83: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 03:17:48.22 ID:P1/+EThu0


撫子「美穂」

美穂「あら撫子、早速アピールかしら? 意識高いわね♪」

撫子「違うよ」



撫子「美穂の結婚は、読者を喜ばせるためのものなの?」


美穂「えっ……」


撫子「相手が誰でもいいっていうのは、読者のことを考えてなの?」


美穂「…………」



撫子「だとしたら、こんな企画やめよう」



84: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 03:19:25.06 ID:P1/+EThu0
撫子「私は結婚とかよくわからないけど、私たち4人のうちの誰もが一番進みたい道に進んで行って欲しいと思ってる」



撫子「私は美穂が……美穂が一番進みたい道を歩んで欲しいといつも思ってるよ」



撫子「掴み所のないあんただから、余計にね」


美穂「…………!」



85: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 03:21:24.99 ID:P1/+EThu0
美穂「……撫子」


撫子「……なに?」



美穂「あなた、やるわね。この短時間で私をその気にさせるなんて……」

撫子「えっ」


美穂「決めた!! 私撫子と結婚するわ!」

撫子「ちょ、ちょっと?」


美穂「一度決めたら揺るがないんだから! 明日からガンガン行くわよ撫子!」


撫子「も、もう……///」


美穂(うふふ♪ 計画通り、撫子との距離か縮まったわ……)



86: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 03:24:12.41 ID:P1/+EThu0
これにて短編集・区切りとなります。

キャラ崩壊や見苦しい言葉の数々、申し訳ありませんでした。

一人でも笑ってくれれば嬉しいです。


ではまたどこかで。ありがとうございました



87: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2014/09/23(火) 11:30:42.79 ID:gV9hoI23o
すげえ楽しかった
何だろうこのほんわかするエロさは
乙っす

また書いてください(懇願)



http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411399473/

ALL-2ch
1001: 以下、名無しにかわりましてゆる速がお送りします 2014/07/24(木) 21:43:32.94 ID:yuruyuri0
コメント
コメントの投稿








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。