スポンサーサイト

タグ:
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ALL-2ch
1001: 以下、名無しにかわりましてゆる速がお送りします 2014/07/24(木) 21:43:32.94 ID:yuruyuri0

結衣「あれ?みんな、聞こえてるよね?」

no title

1: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 20:15:27.42 ID:Vhyb0cUE0
結衣「3人とも、今日はせっかく午前中で終わったしうちに遊びに来ない?」

京子「ちなつちゃーん!お茶おいしいよぉ…もっと」ベタベタ

ちなつ「やめてください京子先輩…お茶ならいくらでも淹れますから」

あかり「あっ、今日おまんじゅう持ってきたよ。食べる?」

京子「いる!」

ちなつ「まったく…この時間に食べるとお昼が食べられなくなりますよ」

京子「お昼は別腹だから大丈夫だよ!」

あかり「あはは…ところで今日は何するのー?」

結衣「あれ…?」



2: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 20:16:14.69 ID:EF9vii3p0
やめて



5: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 20:20:18.87 ID:Av4fMm8P0
いいぞつづけろ



ゆるゆりSSデータベース
3: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 20:17:08.72 ID:Vhyb0cUE0
京子「そうだなぁ…今日はせっかく午前中で終わったし、たまにはどこか遊びに行く?」

あかり「あかり、おなかすいちゃったからご飯食べたいなぁ…」

京子「んーじゃあワック行って何か食べながら考えよっか」

結衣「えっ…ちょっと…お昼ならうちで御馳走するよ」

ちなつ「ワックはカロリー高いからあまり食べないほうがいいですよ」

京子「大丈夫、私太らないから。それにちなつちゃんは少し太っても可愛いよ!」

ちなつ「何言ってるんですかもう…」

結衣「え?無視されてる…?」



6: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 20:21:03.29 ID:Vhyb0cUE0
~ワック~

あかり「あかりフィレオフィシュにしようかなぁ」

結衣「今日クーポン入ってたな。使う?」

京子「私はダブチセットでいいや」

ちなつ「私はシェイクだけでいいです」

結衣「あれ、ねぇちょっと…みんなホントに聞こえてないの?」

あかり「あかりがまとめて買うから、京子ちゃんたちは席とってて~」

京子「はいよー。ほい500円」

ちなつ「はい、お願いね」

結衣「う…なんかあかりの気持ちがわかった気がする…」



8: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 20:26:18.68 ID:Vhyb0cUE0
あかり「お待たせー。はい、セットとシェイク」

京子「さんきゅー」

ちなつ「ありがとう、あかりちゃん」

結衣「みんな!聞こえてるんだろ!無視しないでくれ!」

京子「やば…ダブチ飽きた」

ちなつ「なんでそれにしたんですかもう…」

あかり「あかりそれでもいいよ。交換する?」

京子「ホント!?するする!」

あかり「うっ…結構ボリュームあるね…」



9: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 20:29:02.98 ID:Vhyb0cUE0
結衣(…本格的に無視されてる…)

結衣「な、なぁ。私なにかした…? 無視しないでよ」

京子「フィレフィうめぇ」

ちなつ「なんでも略しますね」

あかり「あ、そうだ…この後どこいこっか?」

結衣「おい!」ガシッ

京子「痛っ…」



13: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 20:35:29.03 ID:Vhyb0cUE0
結衣「聞こえてるんだろ。なんで無視する?」

京子「ね、ねぇ…私、今なにかに腕つかまれた…」

ちなつ「や、やめてくださいよー お昼からー」

京子「本当だよー… いてて」

あかり「あ…そういえば結衣ちゃん、今日こなかったね」

京子「あぁ、なんか朝迎えにも来なかったし」

ちなつ「どうしたんでしょうね」

あかり「風邪でも引いちゃったのかなぁ…」

結衣「…え?」



15: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 20:38:55.22 ID:Vhyb0cUE0
結衣「私ここにいるよ!見えないのか!? ていうか朝迎えにも行ったろ!」

京子「なんかさっきの腕の痛みが不気味… 今日は食べたら解散にしない?」

あかり「う、うん…」

ちなつ「わかりました」

結衣「…ぐすっ…なんで…」



11: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 20:31:11.62 ID:kRNq3kul0
結衣ちゃん・・・



18: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 20:44:06.21 ID:Vhyb0cUE0
~ワックの外~

ちなつ「あ、私すこし買い物を頼まれていたんでした」

あかり「あかりついていこっか?」

ちなつ「ううん。大したことないから」

京子「そっか。じゃあまた明日ね ちなつちゃん」

あかり「ばいばーい」

ちなつ「また明日ー!」

ちなつ「…ふぅ。 ふふ…ふふふっ」



20: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 20:49:15.89 ID:Vhyb0cUE0
ちなつ「やっと2人っきりになれましたね」ボソッ

結衣「…え?ちなつ…ちゃん…?」

ちなつ「なんですか?」

結衣「私の言葉、届いてるの?」

ちなつ「はい♪「私には」届いてます」

結衣「ど、どういうこと…?」

ちなつ「ふふ…私以外の人からは、結衣先輩は言葉どころか姿も見えないんですよ」

結衣「なんで…え、ちょっと待って、なんで?」

結衣(確かに先生も私が休みとか言ってたな…)

ちなつ「とりあえずこのままじゃ私が街中で独り言を話してる変な人に見えるので、うちに行きましょう」



21: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 20:54:38.97 ID:Vhyb0cUE0
~ちなつの家~

結衣「お、お邪魔します…」

ちなつ「夜まで誰も帰ってこないから平気ですよ」

結衣「ねぇ、私がちなつちゃん以外から見えてないってどういうこと?」

ちなつ「いまさら無駄なので教えますけど。昨日帰りに私のスプレー貸しましたよね」

結衣「うん…昨日はスプレー忘れてて、汗臭いのいやだったから…」

ちなつ「あれに「そういう成分」が入っていたんですよ。頼んだら西垣先生がくれました」

結衣「そ、そんな… でも、じゃあちなつちゃんにはなんで私が見えるの?」



25: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:00:10.19 ID:Vhyb0cUE0
ちなつ「人の唾液か血液を混ぜると、その人には効力がなくなるんです。私は先生に唾液を渡しました」

結衣「じゃああのスプレーに…」

ちなつ「はい♪ 私の唾液浴びちゃいましたね、結衣先輩!キャッ!」

結衣「う… そ、そんなことはこの際いいよ…どうしたら元に戻るの?」

ちなつ「ありますけど、教えません。じゃないと結衣先輩を独占できないです…結衣先輩…」

結衣「や、やめて…ちなつちゃん…」

ちなつ「結衣先輩…結衣先輩…はぁっ…はぁ…」

結衣「やめ…やめろ! はぁ…は……帰る。ちなつちゃん、あまりふざけてると…怒るよ」バシッ

ちなつ「ま、まって!結衣先輩!」



30: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:06:40.55 ID:Vhyb0cUE0
~後日・学校~

結衣(ちなつちゃん…あの子にはやっぱり気をつけないといけないんだ)

結衣「西垣先生に聞こうと思ったけど…考えてみたら私の姿って見えないんだった」

結衣「何かいい方法は… あ、そうだ!紙に書けばいいんだ」

サラサラ…

「先生、船見です。要約します。
 おととい先生が1年の吉川さんに渡したスプレーを使われてしまいました。
 どうすれば元に戻りますか?」

西垣「ん…なんだ。急に字が…?」

西垣「昨日のスプレー?どれの話だ…」

西垣「あぁ、あれか。じゃあ船見はそこにいるのか?」



31: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:09:07.99 ID:Vhyb0cUE0
結衣「はい!います!」

西垣「と、問いかけても私には聞こえないはずだから意味がないな」

結衣「う…」

西垣「聞いてるか? 安心しろ。あれは計算上…もとい松本で実験した結果では48時間で効果が切れるようだ」

結衣「48時間…ってことはおとといの放課後に使ったから今日の放課後か。なんだ…よかった」

西垣「あぁ、それとだな… いや、これは船見なら大丈夫か」

結衣「放課後まで様子見か。仕方ないな…」サラサラ

西垣「ん…ありがとうございます? 気にするな」



33: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:14:40.18 ID:Vhyb0cUE0
~放課後~

結衣「…お、おつかれー…」

あかり「あ、結衣ちゃん!昨日はどうしたの?」

結衣「あかり…私が見えるのか?」

あかり「え、何言ってるの…?見えるよ?」

結衣「いや、いいんだ。良かった…」ギュッ

あかり「わぁっ!ど、どうしたの結衣ちゃん…いきなり抱きつきなんて…」

結衣「あ…なんでもない。そ、それよりちなつちゃんは?」

あかり「そういえば今日は来てないです…」

結衣「言い過ぎたかな…」



41: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:20:14.94 ID:Vhyb0cUE0
京子「おーっす!」

結衣「昨日は休んでごめん ちょっと実家で野暮用がね…」

京子「あれ?あかりだけ?」

あかり「え?結衣ちゃんもいるよ?」

京子「なにそれ…怨念がおんねん?」

あかり「じょ、冗談じゃなくて…」

結衣「ちょっと待ってあかり… 京子、ホントに見えてないの?」

あかり「ゆ、結衣ちゃん近っ…」

京子「え?どこ?」

結衣「本当に見えてないみたいだ…」

あかり「えぇっ!なんで見えないの?」

結衣「ん… ちょっと行くところができた。京子の面倒見てて」

あかり「う、うん…」



43: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:25:35.98 ID:Vhyb0cUE0
結衣「西垣先生!」

西垣「船見か。見えるってことは効果が切れたんだな」

結衣「いえ…確かに切れたんですけど1つ問題が…」

西垣「どうした?」

結衣「京子に…歳納に、まだ姿が見えないみたいなんです」

西垣「ん…?そんなはずは… いや待てよ」

結衣「何かあるんですか?」

西垣「見えない間に歳納になにかしなかったか?例えばくすぐったとか、殴ったとか」

結衣「いえ…さすがに…」

西垣「どんなに小さくても、見えない間に外傷を与えてしまった相手には効果が一生切れないんだ。危ないいたずら防止の副作用というやつだな」

結衣「え…(その薬自体がいたずらっぽいことに気付いてほしい)」



49: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:28:52.01 ID:w83pu6mx0
え…?



45: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:26:58.81 ID:RBr06NYcO
あーあ終わった



44: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:26:47.73 ID:G2unyHSz0
一生て



51: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:29:38.65 ID:Vhyb0cUE0
結衣(そういえば腕つかんだな…)

結衣「あの、例えば腕をつかんだだけ、とかだったら…」

西垣「考えられるのは…そうだな。爪が伸びていて少しでも引っ掻いたか、あるいは強すぎて内出血?」

結衣「そんなに強くは… あ、爪ながい…」

西垣「それだ」

結衣「それで、一生効果が切れないって…」

西垣「もちろん効果を無くす手段はある」

結衣「教えてください!もう京子と会話ができないなんて…いやだ。たった2日でもこんなに辛くて…」

西垣「ふむ。これは愛か、いいな」



58: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:34:44.70 ID:Vhyb0cUE0
結衣「いいな。…じゃなくてその手段を教えてください」

西垣「そのスプレーの効果を最初から無くす方法を吉川が言っていなかったか?」

結衣「…えっと… 唾液を混ぜたとか言っていましたけど…」

西垣「そう。逆に自分の…唾液でも血液でもなんでもいいんだが、それを効果が切れない相手に直接接触させればいい」

結衣「う…血液はいやだな。京子に向かって唾液を吐くんですか…?」

西垣「別に吐きつける必要はない。手段は何でもいいんだが…」

結衣「…わかりました。どうにかします。ありがとうございました」

西垣「いやなんの。面倒な手段にしてすまんな。また実験に付き合ってくれ」

結衣「いやです」

西垣「ちなみに松本でも同じことが起きてな。どうやって治したかは…ふっ、聞くな」

結衣「急ぎますので」



60: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:38:10.19 ID:Vhyb0cUE0
~部室~

結衣「さすがにあかりの前で「ぺっ」とかやるわけには…」

京子「いやー、あかりもベタうまくなったね」

あかり「えへへ!京子ちゃんのお手伝いが出来てうれしいよー」

京子「いい子ー」

あかり「あ、京子ちゃん。口にインク付いてるよ?」

京子「え…あぁ キャップ口で開けたからかな」

あかり「手で開けなよぉ」



62: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:42:45.46 ID:Vhyb0cUE0
京子「そっちのには消しゴムかけといてー」

あかり「はーい」

結衣「…あかり… 悪いね、私がやることなのに」

あかり「ううん!あかり暇だったからいいよ!」

京子「誰と話してるんだ…?」

結衣「さて…」

結衣(接触させる、ってことは指で塗ったりしても平気かな…?)



63: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:43:24.82 ID:s8MS6Zqr0
舐めろ



65: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:46:07.74 ID:Vhyb0cUE0
結衣「よし…」ペロッ

あかり「結衣ちゃん、いきなりどうしたの!?」

京子「また結衣がそこにいるの?怨念がおんねん」

結衣「あぁいや、指に給食のヨーグルトがね」

あかり「授業中つけっぱなしだったんだ…大変だね!」

結衣「…うん(そっちかい)」

結衣(よーし)

京子「あ、ちょっとトイレ」

あかり「いってらっしゃい」

結衣「…私もトイレ」

あかり「うん」



67: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:49:50.14 ID:Vhyb0cUE0
~トイレ~

京子「ふぃー。思ったより良い作品になった」

結衣(トイレットペーパーでカニが作ってある…)

京子「…結衣、なんでいないんだろ」

結衣「やば、京子が部室に戻っちゃう」ピトッ

京子「ん?あれ?誰もいない」

結衣「き、効かない…これじゃダメなのか!」



69: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:53:23.10 ID:LCY3IhQw0
ちゅーしちゃいなよちゅー



70: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:55:15.87 ID:Vhyb0cUE0
結衣(あぁもう…どうすれば…考えろ考えろ)

結衣「思いつかない!こうなったら!」チュッ

京子「んぶ?あ、あれ…? なにかしっとりした感触が…?」

結衣「…」サァ…

京子「って結衣!いつの間にそこにいたんだよ!」

結衣「良かった…見えるようになったか」ギュッ

京子「わっ!急に抱きつくなよー ていうかいつの間に学校来たの?」

結衣「あ、その…いやぁ、この間話してたワープを習得してね」

京子「すげぇ!」



71: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:56:45.98 ID:PYkwzNMQ0
俺「すげえ!」



73: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:57:24.61 ID:EBJYGmU60
すげえ!じゃねーだろww



74: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 21:58:52.89 ID:pY7egsPe0
京子ちゃん純粋かわいい



75: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 22:00:52.76 ID:Vhyb0cUE0
あかり「おかえりー」

結衣「ただいま」

京子「いやぁ、そこで結衣がいきなりあらわれてさぁ。ワープだって」

あかり「結衣ちゃんが見えるようになったの? え、ワープって?」

結衣「なんでもないよ」

京子「そういえば、なんかトイレ出たら唇に変な感触があってさぁ…」

結衣「…」カァッ

京子「何いきなり赤くなってるの?」

結衣「なんでもねーよ!」



78: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 22:05:10.72 ID:Vhyb0cUE0
あかり「でも、見えるようになって良かったね!」

結衣「そうだね」

あかり「…結衣ちゃん顔ずっと赤いよ?どうしたの?」

結衣「だ、大丈夫だよ。なんでもない」

京子「あれ、結衣。顔が赤いついでに変な線が入ってるよ、口のとこ」

結衣「え…」

あかり「ホントだー 京子ちゃんとおそろいだね!」

結衣「あっ…////」

京子「あぁ忘れてた、鏡見に行ったんだった…もっかい行ってくる」



82: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 22:13:18.53 ID:Vhyb0cUE0
結衣「あ、あかり…私、京子とキスしちゃった」

あかり「えぇ!?なんで!?」

結衣「いや…その思いつかなくて… いくらなんでも肌に唾を舐めて塗りつけるとか気持ち悪いだろ」

あかり「な、なんの話…?」

結衣「や、やっぱりいい。忘れて(なに話してんだ私は)」

あかり「う…うん」

あかり(やっぱり仲が良い子同士でキスってするんだ…)



86: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 22:19:23.99 ID:Vhyb0cUE0
京子「よーし、とれた?」

あかり「うん。ついてないよ!」

結衣「洗ったら拭けよ…ハンカチは?」

京子「忘れた! …なんか結衣の顔に線が入ってるとマヌケだなー。とってきなよ」

結衣「いや…このままでいいよ」

京子「えー?変な結衣ー」

結衣(…だってこれは、京子とキスした証拠だから)



81: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 22:11:32.23 ID:uWyfGneR0
何か童謡にありそうな話の展開だな



83: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 22:14:05.28 ID:AG3eMGBR0
ちなつは何処へ



87: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 22:21:30.64 ID:Vhyb0cUE0
~一方その頃~

ちなつ「なんでみんな無視するの?」

ちなつ「ああぁ!今日の朝使ったスプレー…これって…」

ちなつ「間違えたぁ!これじゃあ私は私以外から見えないじゃない!!何ねぼけてるの朝の私!むきーっ!!」




西垣「ちなみに独り言だが自分の唾液か血液が含まれたスプレーを浴びると恐らく効果が伸びる。」

西垣「さすがに危険だからその期間は調べてないんでな、気をつけてほしい」

~END~



89: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 22:23:03.65 ID:HAjuDA8B0


これが因果応報とやらか



90: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 22:23:40.66 ID:NpokUQ5/0



91: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 22:23:50.50 ID:M2ONnRH40

ちーなばっかりこんな扱いなんてひどいや



95: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 22:29:02.32 ID:WXa95upA0
>>1
そしてちーな乙www



98: 以下、VIPにかわりましてゆる速がお送りします 2011/09/10(土) 22:33:17.93 ID:DK57mkUz0
これはいい世にも奇妙なゆるゆりですね



http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1315653327/

ALL-2ch
1001: 以下、名無しにかわりましてゆる速がお送りします 2014/07/24(木) 21:43:32.94 ID:yuruyuri0
コメント
83 : 2014/08/23 00:04
チーナあしく…
コメントの投稿








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。